Now Reading
現役MLB選手達が大切にしている睡眠法を紹介

現役MLB選手達が大切にしている睡眠法を紹介

MLBの選手というと、高度な科学的な理論に基づいたトレーニングに励んでいるイメージがありませんか?

彼らはトレーニングはもちろんのこと、ケア・回復も大切にしています。

中でも睡眠はケアする上で欠かせない要素です。

今回はMLBで好成績を挙げ続けている球団や選手がどのように睡眠を大切にしているのかについて紹介させていただきます。

 

ワシントン・ナショナルズが導入した睡眠法

2019年ワールドシリーズを制したナショナルズは宇宙飛行士式の睡眠法を導入したことがパフォーマンス向上に役立ったそうです。

その睡眠法というのが遮光と睡眠時間を管理し、何時に寝て何時に起きるという計画に基づいた睡眠をとるというものです。

 

シーズン中は2週間ごとに計画を策定、ポストシーズン中も3~4日ごとに変更し、通例ではデーゲームの試合後はその日のうちに移動するところを、充分な睡眠確保の為に余分に1泊するほど徹底した睡眠管理に勤めたそうです。

 

トレバーバウアー投手は睡眠の個人管理がスゴい

2015年から5年連続で2ケタ勝利を挙げ、2020年も好成績を残したトレバー・バウアー投手(レッズ)は、以前からスマホを使って睡眠の質を測定していました。

しかし、それでは物足りず「OURAリング」という睡眠サポートデバイスを導入し、安静時心拍数・心拍変動、時間や質など自分の睡眠を毎日チェックしているとインタビューで語っています。

 

ジャスティン・バーランダー投手は睡眠時間が長い

2019年シーズンに21勝を挙げるなど、MLB通算226勝を挙げているジャスティン・バーランダー投手(アストロズ)も睡眠を大切にしている選手の1人です。

長く第一線で活躍する秘訣として、バーランダー投手が真っ先に挙げたのが毎日10時間の睡眠時間を確保することです。

本人だけでなく、2018年4月、不振だったチームメートのブレグマン選手が6時間睡眠であると聞きつけ「もっと寝ろ」と助言。

See Also

それ以降の同シーズン内に復調し30本塁打を打ち、2019年から加入したブラントリー選手など他のチームメートも見習って睡眠時間を確保しているそうです。

 

まとめ

今回はMLBトッププレイヤーの睡眠について紹介させていただきました。

スポーツ分野の研究ではトレーニングによるパワーアップだけでなく、ケア・回復が良いパフォーマンスを長期間維持させる、という結果も出ています。

スポーツ選手に限らず、全ての人にとって睡眠時間と質の向上が今後の生活に役立つことでしょう。

Vestibulum lorem sed risus ultricies tristique nulla aliquet enim. Augue neque gravida in fermentum et. Sit amet venenatis urna cursus. Maecenas ultricies mi eget mauris pharetra et ultrices neque. Nisi quis eleifend quam adipiscing. Massa eget egestas purus viverra accumsan in nisl. Venenatis lectus magna fringilla urna porttitor rhoncus dolor purus non. Massa vitae tortor condimentum lacinia. Metus dictum at tempor commodo ullamcorper. Vel pharetra vel turpis nunc eget lorem dolor sed. Faucibus ornare suspendisse sed nisi lacus sed viverra. Sit amet porttitor eget dolor morbi. Scelerisque eleifend donec pretium vulputate sapien nec sagittis. Sapien nec sagittis aliquam malesuada bibendum arcu vitae. Enim diam vulputate ut pharetra sit amet. Massa sapien faucibus et molestie ac feugiat sed lectus vestibulum. Vitae congue eu consequat ac felis donec et.

Cras pulvinar mattis nunc sed blandit libero. Sit amet aliquam id diam maecenas ultricies mi eget mauris. Ut eu sem integer vitae justo eget magna. Pellentesque eu tincidunt tortor aliquam nulla facilisi cras fermentum odio. Magna eget est lorem ipsum dolor sit amet. Turpis tincidunt id aliquet risus feugiat. Id leo in vitae turpis massa sed elementum. Nisl pretium fusce id velit ut tortor. Pellentesque id nibh tortor id aliquet lectus. Tempus quam pellentesque nec nam aliquam sem. Sapien nec sagittis aliquam malesuada. Massa vitae tortor condimentum lacinia quis vel eros.

Viverra tellus in hac habitasse platea dictumst vestibulum rhoncus est. Integer feugiat scelerisque varius morbi enim. Sed sed risus pretium quam vulputate dignissim suspendisse in. Dignissim sodales ut eu sem. Elit at imperdiet dui accumsan sit amet. Proin libero nunc consequat interdum varius sit amet mattis vulputate. Nullam vehicula ipsum a arcu cursus vitae congue. Scelerisque varius morbi enim nunc faucibus. Etiam non quam lacus suspendisse faucibus interdum. Metus aliquam eleifend mi in nulla. Nulla porttitor massa id neque aliquam.

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Scroll To Top